毎回となると事態はやや深刻です。

前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016-12-22 12:18
シアリス 
ED(勃起不全)は直接的には男性がかかる病気です。
かぜや腹痛などと違い、気恥ずかしさが先に立つEDの受診に抵抗を覚える男性は多い
かぜや腹痛などと違い、気恥ずかしさが先に立つEDの受診に抵抗を覚える男性は多い
ただし、その定義は 「満 足な性行為を行うのに十分な勃起が得られないか、または維持できない状態」とされています。つまり、EDは男性ばかりでなく、性交のパートナーを務める女性の問題でもあるのです。一般に体の不調を感じたら、病院で診察し、治療します。事実、かぜや腹痛などで病院を受診する人は少なくありません。しかし、EDの相談で病院に行くことには勇気がいるはずです。たいていの男性は気恥ずかしさが先に立ち、受診に抵抗を覚えるものです。では、EDを疑われる彼氏や夫を持つパートナーはどのように対処すればよいのでしょうか。
性交中の中折れで気づくパートナーのED
日本で初めて「シアリス 通販女性性機能外来」を設けた東邦大学医学部付属大森病院が以前行った調査によると、この外来を訪れた女性の悩みで最も上位を占めたのはパートナーのEDに関する内容でした。そのことが原因でうつやノイローゼに陥った人もいるほどです。
この問題を面倒にしているのは、自分の病気ではなくパートナーの病気であるという点です。自分のことなら、あれこれ考えたり、相談したり、手を打ったりすることができます。しかし、病気の性質上、MAXMAN当事者にはなれないため、どう対処すべきか分からないのが実情のようです。
一旦は勃起しても、途中で萎えてしまう中折れは典型的なEDの症状です。実際、性交中の中折れによってパートナーのEDにそれとなく気づく女性は少なくありません。狼1号それがたまたまなら「そんなこともあるかな」で済ませられるのですが、毎回となると事態はやや深刻です。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

 

 

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名   :
投稿本文

  条件検索へ