パークゴルフクラブ破損の顛末

このトピックの投稿一覧へ

不満 パークゴルフクラブ破損の顛末

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2019-9-27 8:12
K.Y 
私は苫小牧市在住の69歳の男性です。
今年6月29日にアマゾン・ショッピングでホンマパークゴルフクラブ(L-03)を注文した。2~3日後に札幌パークハウスから保証書と共に届き、日々プレーを楽しんでいたが
約2ヶ月後の8月27日のプレー直後にクラブが真っ二つに折れた。
直ちに札幌パークハウスに連絡し、翌日に持ち込み破損経緯を説明した。
パークハウスでは判断出来ないのでメーカーに検査依頼に出しますとの事で預け帰宅した。後日9月5日にパークハウスより連絡が入り、メーカーから連絡が有りメーカーの
品質保証対象外との連絡が有りましたので、修理には8万円位かかりますが如何しますかとの事であったが、私は納得いかないので、メーカーから説明して頂きたい旨を伝えた。
折り返しメーカーのクレーム窓口の男性から電話が入った。破損経緯を説明し、自己責任・自己管理の問題でとの見解に納得できないので、詳しい説明を検査責任者から
伺いたい旨を要望したが、検査に於いて品質に問題はないとの検査結果であり、メーカー保証の対象外との検査結果が出ているので、検査担当から説明は出来ないし、
お客様の要求に応じられないと、木で鼻を括った対応で当方は何とも納得いかないので
納得できる説明を更に要求したが、それ以上お客さんが納得いかないのであれば、
消費者協会なり、何なり持って行ったら良いんじゃないですかとの事で電話を切られた。納得のいかない侭で途方に暮れ、当方としては泣き寝入りの状況であった。
JCBで購入しており、JCBの保険窓口に相談した所、購入後90日以内の事故であり、
保険対象になるとの事で何とか修理に漕ぎ着けた。
以上が破損顛末の経緯であるが、つくづく思う事は、ホンマゴルフの対応、
札幌パークハウスの対応はユーザーへ親身に向き合う姿勢は全くなく、
初めからクレーマー扱いの対応、態度であり憤慨している。ホンマへの不信感、製品への不信感から、修理完了したクラブを使用する不安を抱えた侭である。返す返す、ただただ悔しい思いと残念な思いを抱えている毎日である。

投票数:0 平均点:0.00
返信する

 

 

この投稿に返信する

題名
ゲスト名   :
投稿本文

投稿ツリー

  条件検索へ